厚生労働大臣の定める掲示事項

厚生労働省告示第72号に基づく「厚生労働大臣の定める掲示事項」は下記のとおりです。

各病棟に関する掲示事項はページ下部のリンクからご覧ください。

入院基本料に関する事項

  1. 当院の障害者施設等病棟(3階病棟)では、1日12人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と入院患者さん9人に対して1人以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯の配置は次のとおりです。

    1. ① 8時45分から17時00分まで、看護職員1人あたりの受け持ち数は5人以内です。
    2. ②17時00分から翌日8時45分までは、看護職員1人あたりの受け持ち数は20人以内です。
  2. 当院の医療療養病棟(2階病棟)では、1日8人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と8人以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯の配置は次のとおりです。

    1. ① 8時45分から17時00分まで、看護職員及び看護補助者1人あたりの受け持ち数は8人以内です。
    2. ② 17時00分から翌日8時45分までは、看護職員及び看護補助者1人あたりの受け持ち数は15人以内です。
  3. 当院の医療療養病棟(4・5・6階病棟)では、1日26人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と26人以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯の配置は次のとおりです。

    1. ① 8時45分から17時00分まで、看護職員及び看護補助者1人あたりの受け持ち数は6人以内です。 
    2. ② 17時00分から翌日8時45分までは、看護職員及び看護補助者1人あたりの受け持ち数は19人以内です。

入院基本料に関する事項

  1. 当院は次の施設基準に適合している旨の届出を行っています。

    基本診療科 2階病棟 3階病棟 4階病棟 5階病棟 6階病棟
    障害者施設等入院基本料(10:1入院基本料)        
    療養病棟入院基本料1
    (医療区分2,3の割合が80%以上)
       
    療養病棟入院基本料2
    (医療区分2,3の割合が80%未満)
           
    特殊疾患入院施設管理加算        
    療養病棟療養環境加算1    
    療養病棟療養環境加算2        
    入院時食事療養費(1)
    特殊診療科 2階病棟 3階病棟 4階病棟 5階病棟 6階病棟
    薬剤管理指導課
    脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
    運動器リハビリテーション(Ⅱ)、(Ⅲ)
    呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
    ペースメーカー移植術及び
    ペースメーカー交換術
    医科点数表第2表第10部手術の通則の5及び6(医科点数表第2章第9部手術の通則4を含む。)に掲げる手術に係る施設基準
  2. 当院は、入院時食事療養(1)及び特別管理の届出に係わる食事を提供しています。

    特別管理による食事の提供では管理栄養士によって管理された食事が適時(夕食については18時以降)適温で提供されます。

保険外負担に関する事項

当院は、以下の事項について、その使用に応じた実費の負担をお願いしています。

理髪代 業者実施 2,000円~3,000円 オムツ代 1枚50・100・180円
洗濯代 50円~400円 テレビカード 1枚 1,000円
コールドロッカー 1日 150円 バスタオルセット 1回 200円
貸病衣代 1日 70円 シャンプーセット 1回 30円
診断書料 1通500円~10,000円      

特定療養費に関する事項

入院期間が180日を超える入院 : 入院医療の必要性が低い患者さんの事情により180日を超えて入院(難病患者等入院診療加算を算定する患者を除く)する患者さんについては、180日を超えた日以後の入院料及びその療養に伴う看護に係る料金として、180日を超えた日以後の入院に係る別に厚生労働大臣が定める点数に100分の15を乗じた点数につき1点を10円とした額に、100分の105を乗じて得た額を徴収いたします。

詳しくは医療介護相談室におたずね下さい。

各病棟の掲示事項